FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/tb.php/85-9514b4ec

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

戦闘隊長レイア(試作掌編)

作者:初代スレ558氏
備考1:ヒーロー×女幹部
備考2:「筋肉談義に萌えたので、ちょっと書いてみた」(作者氏)
※この直前,筋肉質な悪女について雑談あり。なお,SSとして完全版が書かれたので,この作品は「設定のみ」に移しました。

「ハハッ、よくも部下達を殺ってくれたねぇ、このまま締め殺してあげるよ」
ショートカットの大女に掴まり、男は足が浮いたかと思うとベアハッグを喰らった。
女とは思えぬ鍛え上げられた両腕が男の身体を万力のように締め付ける。
「グハァッ」肺から空気が漏れ出る。

女は世界征服を企む悪の組織マッシュルーガの戦闘隊長レイア、
男はたった一人で敢然と組織に立ち向かう自由と正義の戦士カイズ。
幼稚園バスをジャックし、カイズを誘き寄せ仕留めるのが今回の作戦であったが、
レイアは難なくカイズに園児や保母を逃がされ、部下達も殺されてしまったのだ。
「ククッ、カイズ、お前も年貢の納め時だ、あたいに抱かれながら逝っちまいな」

そういって自信満々の笑みをこぼすレイア、苦悶の表情を浮かべながら何とか逃れようとするカイズ。
さっきから筋肉質な巨女とは思えぬほどに大きいお乳が押し当てられているのだが、その感触を楽しんでいる暇など到底ない。
まさに絶体絶命、このままでは背骨を折られやられてしまうのも時間の問題であった。

しかし、ひょんなことからチャンスは巡ってきた。カイズのもがいている腕がレイアのある部分をこすったのだ。
それは、彼女がブラをしていないため汗ばんだ迷彩シャツから浮き出てしまった乳首であった。
「ンンッ」
いつもの野太い声からは想像できないほどトレイアは可愛らしい声をあげる。一瞬、両腕の拘束がゆるんだ。
「今だっ」
カイズは渾身の力でレイアの両腕をふりほどいたかと思うと、彼女のデカ乳に掌底を叩き込んだ。
「ハァァァァンッ」
ブルンッと乳がたわんだかと思うとレイアの大きな身体が吹っ飛ばされ、幼稚園バスに全身を強く叩きつけられた。
カイズは唯一鍛えられていない弱点だとはいえ、女の乳房に技を決めたことを少し後悔したが、
なおもトドメをささんとゆっくりと、痛みで呻くレイアにむかって近づいていく。
「やってくれるじゃないか」
レイアは自分のいまだ残る「女」につけこまれたことを戦士として恥じ、ヨロめきながらも立ち上がった……
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/tb.php/85-9514b4ec

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。