FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/tb.php/51-fa4f1635

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

食生活と平和の危機(1)

作者:2代目スレ223氏
備考1:戦隊ヒーロー×女幹部
備考2:奥様の機嫌が悪いのは…?(非エロ)

「なぁ?」
「何かね?旦那様。」
「…コレ、何だ?」
「見ての通り、カップ麺だよ。」
あぁ、見覚えがあるよ。先週末、一緒に行ったスーパーでワゴンセールしてたヤツだな。
「で、それは何だ?」
「牡蠣フライとサラダ、味噌汁とご飯だ。」
黄金色の衣に包まれた旬真っ盛りの牡蠣。暖かそうな湯気を立てている味噌汁とご飯。
俺の嫁の作る料理、旨いからな。…なぜか一人前しかない事に嫌な予感がするが。
ちなみに娘の方は食後でお腹一杯らしく、既に眠りについている。
「コレの前に俺の箸があって、それの前にお前の箸があるってことは…。」
「カップ麺が君の夕食。で、牡蠣フライその他が私の夕食だ。」

この状況の原因を嫌でも思い出す。
…今日の昼間の事だった。怪人が市街地で出現したとの報告を受けて俺たちは現場に駆けつけた。
幸い相手は怪人一体だけだったので、レッドに足止めを頼み俺とピンクで逃げ遅れた人の救助を行っていたんだが…。
…その中に女子大生が居て恐怖のあまり腰を抜かしてたわけだ。で、その娘を抱き上げて安全な地域まで連れて行った。
その一部始終を黒百合ことウチの嫁もモニターしていたのだろう。今日はご機嫌斜めらしくお帰りのキスがないどころかお帰りすら言ってくれない…。
…仕方ないんだよ。ピンクは子供たちの集団を誘導してその場に居なかったから仕方なかったんだよ…。

「…何度も言うがあれは。」
「ヒーローとしての職務…だろう?そんな事理解しているよ。」
にこにこと微笑みながら俺の言葉を遮る。
「私の方からもあの怪人にキツく言っておいたよ。…ウチの旦那が他所の女をお姫様抱っこするシチュエーションをわざわざ作るなんて何を考えてるんだって。」
…破壊活動の方を咎めろよ、って悪の幹部にそれを要求するのは不毛か。
それ以上にレッドに論破されて凹んで帰った先に黒百合様の説教プレイとはあの怪人も不憫だな。

「さて夕食にしようか。ふふ。折角の牡蠣フライが冷めてしまう。…そうだ。君の分のお替りも沢山あるから心配しなくて良いよ。あの時、しっかり買い溜めしたからね。」
…赤の他人の怪人を同情してる場合じゃねぇ。
早急に嫁の機嫌を取り戻さないと、俺の食生活と市民の平和が脅かされる。

どうする?俺、どーすんの?

(→次話
スポンサーサイト
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/tb.php/51-fa4f1635

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。