FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

欲望の沼!女幹部ケイト 淫肉の宴

作者:初代スレ558氏
備考1:女幹部
備考2:逆レイプもの。


「えーと、十一人かぁ。イケメンがこれだけズラリと並ぶと目移りしちゃうなぁ」
そういって頬を緩ませ、ジロジロと一列に並んだ男たちを品定めしている女がいた。

猫を連想させる可愛らしい顔立ち、歳は二十を過ぎているようにはみえない。
顔だけでなく肉体も同様で、誰もが羨むような肌の張りや艶があり、若さが全身に満ち溢れていた。
そして――そんな美しく瑞々しい肌を彼女は惜しげもなく晒していた。
彼女が身に着けているのはわずかに胸と股間だけを隠す黒革のベルトと膝下まであるブーツだけである。
胸も十代とは思えぬほどに発達し、巨乳を通り越して爆乳といってよい、
そんな大きな胸をベルトでギチギチに締め上げているものだから、谷間はあまりにも深くエロティックである。
腰もくびれ、割れ目だけを隠した大きなお尻も肉感的でありながらキュッと引き締まっている。

若さと抜群のプロポーションを兼ね備えた女の名はケイト。ブラックレディースの大幹部である。


ブラックレディースは女性完全優位の理想世界を創りあげようと世界中で暗躍する秘密結社である。
構成員は全てサイボーグ化した女性であり、
彼女達の戦闘力と狡猾な作戦には各国の警察や軍隊も対抗することができなかった。

そんな組織の大幹部であるケイトが発案したのは世界征服にはほど遠い、欲望にまみれたものであった。


<美少年、美青年を犯したい>


そんなケイトの性的な欲求を満たすためだけに、
芸能界のいわゆるイケメンと呼ばれる若手の俳優やアイドルたちを、
部下である女戦闘員たちを使って拉致したのである。
「俺たちを誘拐して何をするつもりなんだ」
低く渋みのある声が大広間に響く。手錠を両手にかけられたイケメン男の一人が強い口調でケイトに問いかけたのだ。
「ぼくが飽きるまで犯すんだよって……キミ、なんか文句あるの?」
誰を犯ろうかとニヤニヤしながら迷っていたケイトは少し不機嫌そうに答える。

「大有りだ、身勝手に俺たちを攫って、それでセックスしたいだって?
 何様のつもりなんだ、女だからって許されることと許されないことがあるぞ」
「何様って、ケイト様なんだけどね……うるさいなぁ、こいつ。誰なの」
背後に控えている胸元がVの字に大きくカットされたレオタードを身につけた女戦闘員たちに聞くケイト。

「はい、若手で実力派俳優として有名な安須井 絆です。
 映画『五月雨過ぎに悪女の罠』でデビュー、その後も『狂女まかり通る』、『洗脳、そして――』などに出演し……」
女戦闘員の一人が安須井と呼ばれた男の経歴を嬉しそうに話し始めた。
出演作品にとどまらず、演技の特徴やゴシップ的なものまでいつまでたっても終わりそうにない。

「もういいよ、わかった、わかったから。精力的に拉致って来てくれたのはいいけどさ、
 ホント、アイドルオタクって喋らせると始末に負えないんだから」
そういってケイトは小さなため息をつく。
「も、申し訳ありません」
彼女の恐ろしさをよく知る女戦闘員は頭を垂れうなだれる。
「安須井ね。顔はイイね、ココはどうかな」
そういって、安須井の股間をグニュリとジーンズの上から鷲掴みにした。
「や、やめろ」
「結構、大きいと。こんなカワイくてスタイル抜群の女の子が握ったんだから、もっと嬉しがらないとダメだぞ」
そういって小悪魔的なイヤらしい笑みを浮かべるケイト。
「やめろ、淫乱女っ!」
グラビアアイドルの女の子たちよりもはるかに顔もプロポーションもいいケイトからの誘惑、
しかし、安須井はそんな誘惑には揺れないほど正義感の強い人間であった。

「おまえみたいなので勃つと思うか。さっさと、俺たちを家に帰すんだ」
毅然と表情を変えずに安須井はケイトにむかって言い放つ。
「ムカツク~、これってテレビや映画じゃないし、キミはただの人間だよ。何、カッコつけてるのさ」
ケイトは安須井の言葉にいっきに不機嫌になる。口をつんと前に出した仕種はなんとも可愛らしい。
しかし、目元はまだ笑っており余裕があることがみてとれる。しかし……

「おまえたち、ブラックレディースだろう。女だけで世界征服を企んでる多国籍集団の。
 聞いているぞ。どれだけイキがっても、おまえらには絶対に勝てないヤツがいるらしいじゃないか」
その言葉が引き金だった。ケイトの表情がフッと表情が消える。
「ふーん、そう。結構シークレットだと思ってたんだけど、あいつのこと知ってるんだ」
「ああ、おまえらみたいなバカで愚かな女たちに鉄槌をくだすヒーロー、ダー……アグボェッッ」

安須井の開いた口にケイトの指から一瞬にして伸びた鋭利な爪が三本刺し込まれ、そのまま脳幹を貫いた。
後頭部から血と脳漿のついた爪が飛び出している。
「そいつの名前なんて聞きたくもないよ。もう、気分が台無し、せっかく愉しもうと思ってたのにさ……」

安須井はビクンビクンと白目を剥き身体中を痙攣させている、その端正な顔立ちもひきつり歪みきっていた。
「ヒィィィッ」「うわぁぁぁっ」
「ええっ」「もったいなーい……」
拉致されたイケメンたちからは悲鳴が、
今回の作戦に参加しているアイドル好きの女戦闘員たちからはどよめきがあがる。
「うるさーい、もうっ、ホント最悪。えっとね、キミたちわかったでしょ。
 イヤとかいえる状況じゃないの。ぼくが犯りたいっていってるんだから、キミたちは素直に犯られなきゃいけないの!」
ケイトは子どものような我が侭な理屈をイケメンたちに言う。
殺されるかもしれない、その恐怖で皆は押し黙り、ケイトに目線をあわさないように下をむいて小さく震える。

「でも、従順すぎなのもイヤなんだけど。ちょっとした抵抗なら逆に燃えるんだから」

勝手きわまるケイトの言動。恐怖でイケメンたちの股間も縮こまる。
しかし、この状況でおのれのイチモツを勃たせられなければ、また……そんな思いが男たちの頭をよぎる。


そんな中、ただ一人だけ例外がいた……


GURA-KINDというビジュアル系バンドのボーカルであるトモ、本名 天王島 智である。
彼は典型的なM男であった。

スキャンダルを恐れてSMなどの風俗にこそ行かなかったが、
女王様に責められる妄想はトモが性に目覚めた小学生の頃からずっとしていた。
戦隊もので悪の女幹部の鞭にヒーローが打たれる姿がオナニーのオカズであった時期もあった。

現在、死と直面しているという恐怖はあったが、それよりも興奮の方が勝っていた。
黒革のベルトで全裸よりはるかにエロティックな雰囲気を醸し出し、
なんの躊躇もなく俳優の安須井をサディスティックに殺したケイト……

まだ少女といってもいいような顔立ちや癇癪をおこす子どもじみた部分は、
年増で高飛車な女王様が理想であった彼にはマイナスではあったが、それでも十分にそそられる対象だった。
「顔の好みってやっぱ重要だから。うつむいてないでぼくをちゃんとみてね」
ケイトは一人、一人じっくりと品定めを再開した。
「うーん、恐怖でひきつった顔のイケメンてのも結構イイなぁっ」などとつぶやく。
すっかり機嫌をとりもどしたかのようだ。

選ばれたい、選ばれたい、僕を選んで欲しい。そうトモは強く心の中で念じた。
けれどそれが顔に出てしまえば、猫のようにキマグレなこのケイトとかいう女幹部のこと、
責められることもなくあっさりと殺されてしまうかもしれない。それはイヤだった。

皆が恐怖に沈んだ顔なのに、トモだけがそんな複雑な思いを顔に出している。

それが、ケイトの目にも留まった。
「えっと、ビジュアル系ってヤツだよね、確か」
この国に来て、まだ半年くらいしか経っていないケイトはこの国の芸能界事情にそんなに詳しいわけではなかった。
「化粧してて、うん、カッコイイっていうよりカワイイ感じに仕上がってる。素の顔も悪くなさそうだし」
トモは何もいわずにケイトをジッと見つめている。心臓がバクバクと鼓動を早めている。
「なんだろう、不思議な表情してるね。そんでぇ、」
さっきの安須井と同じようにその細く美しい手で股間をギュっと握りこむケイト。
「大きいし……アハハ、ガッチガチに勃ってるじゃん」

「なぁに、ぼくのHな肉体に興奮しちゃったのかな?」
覗き込むようないやらしい上目遣いをしつつケイトはトモに言う。
「いや、その……」視線を逸らすトモ。逸らした先は彼女の深すぎる胸の谷間。慌てて視線を横にやる。


「いいね、初々しいねっ!ぼくより年齢も上だし、童貞って感じでもなさそうなのに。面白いっ、最初はキミにしようっ」
ケイトは嬉しそうに微笑み、トモを拘束する金属製の手錠を鎖に一瞬手をやった。
そうするといかなる魔術か、トモの両腕を縛っていた手錠の鎖部分が簡単に切れてしまった。
「じゃあ、ぼくはこの子と愉しむから。キミたちも見てるだけじゃつまんないだろうから……残りのを玩んでていいよ。
 テレビやステージの上でしか見たことないアイドルたちにイタズラなんて最高でしょ。けど……」

ケイトは女戦闘員たちにそういうと、少し言葉を溜める。ゴクリと息を呑む彼女たち。

「イかせちゃダメだよ。最初のは、ぼくがもらうからね。
 ギリギリまでなら何でもしていいから。ただ、もしイかせちゃったら死刑だからヨロシク」
「はいっ」
喜びにあふれた声で返事をした二十人近くの女戦闘員たちは「キャァァッ」と嬌声をあげつつ、
残ったイケメンたちに押し倒さんばかりの勢いで迫りよった……



「うんうん、イイ感じになってきたねっ」
ケイトは女戦闘員たちの欲望の爆発をみて愉しそうな笑みを浮かべた後、トモにむきなおった。
「さてと……キミは今にも爆発しそうだけどさ、ぼくはまだまだキミのを咥えるには早いんだよね、だから……」
そういってカチャカチャと自分の股間の革ベルトを外しはじめた。
露わになったのは短く剃られた陰毛と一本の綺麗なタテスジ。
「何をして欲しいかは……わかるよね。えっと……」
「ト、トモです」
「じゃあ、トモ上手くね。あんまり下手だと……まだ死に切れていないそこのバカ男みたいにしちゃうぞ」
そういってケイトはニッコリと微笑む。
一瞬、カワイイ女子高生アイドルが微笑んでいるかのように錯覚してしまうが、もちろんそんな状況ではない。


奉仕しろ、ということなのだろう。トモは彼女の意図を読み取り、膝をつくとケイトの股間に舌を這わせた。
トモは童貞ではない。自分たちのグルーピーから売れないグラビアアイドルまで結構な数の女を抱いてきた。

今、そんな数知れぬ女たちとのセックスよりもはるかに興奮しつつ、ケイトのアソコを舐めている。
自由になった両手でケイトの弾力ある巨尻を揉みしだきつつ、舌を陰部にねじこんでクリトリスを舌先で転がす。

「ンン、イイッよ。トモ、上手いね。も、もっと強くしていいよ……ンンンッ」
ケイトの言葉通りに舌を押し込み強くクリトリスをねぶる。
左手で尻をグニュグニュとこねくりまわしつつ、右指で彼女の尻の割れ目ツツーッとなぞる。
「ああっ、ンンッ……これイイ。もっとっ、もっとっ……だよ……」
ケイトの膣内から淫らな蜜が少しずつ湧き出していた。
トモの性技もあったが、ケイトは生来感じやすい淫乱な肉体なのだ。

「フゥゥン……ああっトモ、イイヨォッ」
彼女の両手はトモの頭を抱え込み自らの股間に優しく押し付けていた。
そして、トモのクンニによってビクッ、ビクンとケイトはエロボディを震わせる。
眼を細め悦楽に身を委ねているケイトの表情は少女のような顔つきながら、そのいやらしさはオトナ顔負けであった。


「ンン、クッ……も、もうイイよ」
そういって、トモの顔を股間から離させる。十数分にもおよびクンニであった。
「か、軽くイッちゃった。いいね、トモ。フフ、このまま最後までぼくを悦ばしてくれたらペットとして飼ってあげる」
「は、はい」
興奮とちょっとした酸欠で意識が朦朧としながらもトモは答える。
彼のイチモツはまったく弄られたわけではないのに、屹立したままであった。



――トモがケイトにクンニをひたすらに続けている間、
二十人近い女戦闘員たちはイケメン一人に二、三人が付き淫らな欲望をぶつけていた。
彼女たちは歳は十代から三十代までと幅広く、顔もスタイルも様々である。

ケイトのように陰部を指や舌でクンニさせる者もいれば、
しつこいくらいに何度も何度もキスを迫る者や乳房を舐めさせたり、揉ませたりする者もいる。
逆にフェラチオやパイズリなどでアイドルたちのオチンチンを弄り倒している者もいた。

女戦闘員たちは一人の例外もなく、狂気じみた興奮状態のなかでアイドルたちの肉体を貪っていた。
もちろん、ブラックレディースのすべてがアイドルや俳優といった芸能人が好きなわけではない。
レズビアンもいれば、人を殺すことでしか性的な興奮を覚えない者もいる。
しかし、今回の作戦ではケイトによってアイドルオタクの女戦闘員たちが集められていた、それが故の狂乱であった。


「ねぇ、このままキミのを食べちゃってもいいんだけどさ……
 素直に言うこと聞いて、ぼくを悦ばしてくれたから、ご褒美をあげちゃうね」
ケイトはそういって、トモを押し倒すと瞬く間に着ていた服をすべて剥いた。
「うんうん、萎えずに勃起してるのも高ポイントだよ」
「な、何を……」
少し怯えつつも、内心責められることに悦びを感じずにはいられないトモ。


ケイトはトモに覆いかぶさるように四つん這いになる。
トモの眼の前には重力によって余計に大きく感じられるケイトの爆乳。
「ぼくの胸……大きくていいでしょ。もちろん、天然100%だよ。そうだね、まずは触ってみる?」
言われるまでもなくトモの両手は動きはじめていた。ゆっくりとケイトの乳房を持ち上げるトモ。
ギチギチに革ベルトで締められた乳房が二つ、その重量感たるやメロン、下手すればスイカに匹敵する。
手を離すと、ブルルンと一緒にたわむ。とてつもなくイヤらしい胸である。
「あ、あのベルトを……」
「外したいの?うーん、このままの方が最高だと思うんだけど……いいよ、キミの好きなようにやってくれて」
何がこのままの方が最高なのか、トモは理解が及ばない。


ぎこちない手つきで、トモはケイトの胸を抑えつけていた革ベルトを外した。
解放された豊かな胸がブルルンと揺れる。ものすごいボリューム感のある乳房がイヤでも眼に飛び込んできた。
トモのイチモツはそれをみて痛いほどに反り返る。
桜色の乳首、形よくお椀型の乳房。たまらず、両手で鷲掴みにして強く揉みしだいた。

「ちょっとぉっ、イタいぞ。がっつかないの、立場をわきまえなきゃ殺しちゃうよ」
痛みに顔を少し歪ませながら、ケイトはいう。
「す、すみません」
そういうと、トモはゆっくりと優しく揉む。乳肉がムニュウと指の隙間からはみ出た。
柔らかさのなかに若さあふれる弾力をもった乳房、
ボーカル兼ギタリストであるトモの長い指にもおさまらぬ大きな乳房がいやらしく形を変えていく。

「ンン、そう……だよ。犬は……ご主人ンンッに……奉仕してるってことを…ンァァッ……忘れちゃいけないぞ」
喘ぎながら、トモのことを犬と呼ぶケイト。マゾヒストであるトモはその言葉に興奮する。

トモは両手を使っての乳房への愛撫に加え、今度はケイトの乳首を口に咥えて吸い、舌でコロコロと転がす。

「ンンアァァァ……オッパイ気持ちいいの……う、うまいよ、トモォォッ……」


芸能界にいるトモにとって顔が美しかったり、可愛かったり、身体つきがイヤらしかったりする女は珍しくはなかった。
しかし、顔とプロポーションの二つがこれほどの高レベルで揃った女はそうそういないのも事実である。
そんな女を抱くというのはトモにとっては初めてであり、
まして、ここまでのS女など理想に近すぎてコワイくらいだった。

「ハァハァハァッ」
息を弾ませ、脳の血管が切れるかと思うくらいに興奮しながら、トモはエロ過ぎるオッパイを散々に堪能した。

数分後、トモもさすがに疲れて勢いが衰えてくる。
それを見計らったように、卑猥なエロ声を出して感じまくっていたケイトが口を開いた。

「ンフフ、満足……かな。じゃあ、少しジッとしてて。いい犬にはご褒美をあげる……」
そういうと、ケイトはトモの股の間に寝そべり、その爆乳でトモの勃起した息子を挟みこんだ。
「嬉しいでしょ。こんな最高の胸で挟まれてさ。フフフ、気持ちよくしたげる」
そういうなり、ケイトは両手で乳房を抱え持つと、
上から下へと、オチンチンの皮をグイグイ引き伸ばすかのような動きでトモの息子をクニュクニュと揉みこむ。
「うわっ……」
弾力ある乳房で刺激され、思わず声をあげてしまうトモ。
「どう、イイでしょ? ハハ、トモの大きいからちょびっと先っぽが出てるねぇ」
乳房の先から飛び出した亀頭をケイトはチロチロと舐める。
「クウゥッ……」
「あはは、カワイイ声あげるんだから。けどね、キミが我慢できずに外しちゃったけどさ、
 ベルトでキツーク締め上げた胸の谷間だと、もっと気持ちよかったんだよ。ホント、ざーんねーん」

先ほど「このままの方が最高」だといったのはこの事だったのかとトモは少し後悔する。
しかし、このパイズリでもトモにとっては十分、我慢できないほどの快楽であった。


身体を揺らしたり、イチモツに乳首をあてたり、ただ挟むだけでなく様々なテクニックで責めたてていくケイト。
トモは卑猥に形を変え続ける乳房や、いやらしく高慢な笑みで自分をみつめるケイトによって視覚的にも興奮してしまう。

もはや我慢の限界であった。


「で、出る……」



そう、虚ろな表情でつぶやくトモ。同時にビュビュビュッと白濁液がケイトの顔を汚す……はずであったが、出ない。


「え……」
「どうしたの、出すんじゃなかったのかな」
ニヤニヤと微笑みながらパイズリをやめるケイト。
「ど、どうして……」
射精すると思ったのに、イけないのだ。トモは動揺する。
「ぼくのマジックさ。けどね、これすっごく調整難しいんだから。
 今まで、何回か失敗しちゃってるんだよね。根元からオチンチン切り飛ばしちゃったり」
そういってケイトはアハハハと笑う。そのサディスティックな笑みがトモにはたまらないのであった。
「まあ、ネタばらしはしないよ。種は明かさないのがマジシャンなんだから」
おまえはマジシャンじゃないだろうというツッコミを普段のトモならば入れたであろうが、今はなされるがままである。


「けど、うん。ぼくはキミのことが気に入ったから……あとでちゃんとイかせたげるよ」
「あ、ああ……」

「でもね、ぼくが最初にイクんだから、それまではお預け」
そういうなり、ケイトは立ち上がり、自分の秘所を両手で広げた。

「ここで、トモのを食べてあげる」

ニヤリと猫というより虎のような、もっと獰猛な獣の顔になるケイト、
ゆっくりとトモの勃起したイチモツを膣に咥えこんでいく。
「ンンッ……大きい……から、キ……ツイ」
「クァァッ」
ギュゥゥッと締まりのある膣がトモの息子を絡めとった。
「僕も……動くから……キミも腰を振るんだぞ」


パンパンッと肉のぶつかりあう音を響かせながら、彼女は上下に動き続ける。
彼女のストロークはその爆乳を卑猥にブルンブルンと大きく揺り動かす。
その姿はあまりにイヤらしく、普通の男ならみているだけで勃起してしまうに違いなかった。

イケメンアイドルたちも例外ではないのか、
女戦闘員たちの責めや奉仕そっちのけで、ケイトとトモのセックスに眼を奪われている。


魔性の肉壷に咥えこまれたトモのオチンチンが強烈に締め上げられる。
もし、イクことができるならば既に二度はイッてしまっていたであろう快楽の極みであった。
「アン……ンアッ……ンンン……ンンァァ……アァァァッ」
ケイトも気持ちがいいのだろう、鼻にかかった喘ぎ声をこらえもしない。

――絶頂がついにケイトの肉体すべてを支配する時がきた。

「イイよ、イイッ、ぼくイクよ。ぼくイッちゃうんだから……アア……ンン……ハァァァァァァァァァン……」


長い絶叫とともにケイトはイった。
瞬間、とてつもない快絶の射精感にトモは襲われた。
ケイトが予告したように、彼女がイった数瞬後にトモも絶頂を迎えられたのだった。


ドクドクドクッと、数回分を溜めたような大量の精液がケイトの膣内に流しこまれた……
「んー……やっぱり、セックスってイイよぉ……」
トモに馬乗りになったまま顔をあげて虚空を見つめつつ、余韻にビクビクと震えるケイト。

「あ、ああっ……」
トモも射精したためか抜け殻のようになりつつも、快楽の花園に意識を飛ばしていた。


                     ―― 一分後 ――


「はい、ごちそうさまでした。すごく美味しかったよ。
 トモ、飽きるか使い物にならなくなるまでペットとして飼ってあげるからね」
そういうなり、ケイトは勢いよく立ち上がった。
膣内から漏れでたドロリとした白濁の液を健康的な太股を伝い、流れ落ちていく。


「さぁて、次は誰がいいかなぁ」
彼女に今さっきまでのセックスの疲れなど少しもみえない。
女戦闘員たちによって下ごしらえが終った男たちを食べようと、嬉々としてキョロキョロと見回す。



ケイトの淫らでいやらしい肉欲の宴は始まったばかり。


尽きることのない彼女の、そして女戦闘員たちの欲望はこれから男たちを次々に犠牲にしていく……



                                                       そして―――――
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。