FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/tb.php/114-b400a013

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3-727

作者:2代目スレ223氏
備考1:女幹部(非エロ) ブルー×黒百合シリーズ

「くっ。あぁぁっ。イイ。凄くイイよ。」

とある夜。俺の上で嬌声をこらえ切れていない黒百合の姿。

「ま、待ってくれないか?その動き、少し激しいよ。」

この訴えに俺は耳を貸さず、己の指先の動きにさらに神経を集中させる。

「はぁ、あぁぁぁぁ。…全く、女性は壊れ物なのだよ?もう少し大切に扱ってくれてもいいんじゃないかい?」

快感が臨界点を越えたのか、一際大きな吐息を漏らす彼女。
しかし不満気に感想を述べてくる。
いいだろう。俺もそろそろ突っ込み…もとい、お互い忌憚無き意見交換が必要だろう。



「………なぁ?」
「何かな?旦那様。」
「…頼むから、耳掃除やってる時に喘いだり、身悶えしてくれるのは止めてくれないか?」

そう。俺たちは別に『夜の営み』をやってる訳でもない。
黒百合が俺の上に乗っているといっても所詮は『膝の上』程度の話だ…。
俺はそう解釈していたのだが…。

「仕方ないだろう。自分の敏感な部分を愛する相手に強烈に刺激され、感じてしまっているのに声を出すなだなんて…。はっ!もしや君はそんなプレイが好みなのか?」
…どうやら彼女の認識は大いに違うらしい。
耳掃除=彼女の性感帯への愛撫ということらしく、例によってスイッチが入っちゃったりしてる。
「ギャグボールと猿轡、どちらがお好みなんだい?ふふ。今なら手錠もムチも蝋燭もオプションでもれなく付いているよ。」
それより先に俺の耳掃除を頼みたいのだが、どう説得したものだか…。

なお、それから数時間後には説得に失敗し、干からびるまで搾り取られてしまったことも報告しておく。
スポンサーサイト
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://marrymeakujo.blog74.fc2.com/tb.php/114-b400a013

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。